PRESS RELEASE
For immediate publication
2005.02.18
2005年 SUPER GT 参戦体制
日産自動車株式会社(本社:東京都中央区銀座 社長:カルロス・ゴーン 以下、日産)及びニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社(本社:東京都品川区南大井 社長:眞田裕一 以下、ニスモ)は、本日、2005年度のモータースポーツ活動について発表した。
ワークスとしてはSUPER GTに参戦する。また、グラスルーツ活動支援のため、プライベートチームの活動をサポートしていく。


■SUPER GT
Z33型フェアレディZにて、SUPER GT(旧全日本GT選手権)に出場する。昨年に引き続き日産系チームの総監督を柿元邦彦が務め、ニスモのチーム監督は出川洋が担当する。また、ニスモはハセミモータースポーツ及びチームインパルへの技術支援を行い、日産系チームとしては全4台で同シリーズGT500クラスに出場する。車両についてはニスモが開発を担当する。
2005年型フェアレディZの開発にあたっては、(1)ドライバーの衝突安全性(側面衝突)の向上、(2)空力性能向上(ストレートスピードの向上)、(3)接触時の損傷性の改善、(4)作業性改良 の4点に重点を置いた。

エントラント NISMO
監督 出川 洋
ゼッケン #1 ザナヴィニスモ Z
ドライバー:本山 哲、リチャード・ライアン(イギリス)
ゼッケン #22 モチュールピットワーク Z
ドライバー:ミハエル クルム(ドイツ)、柳田 真孝
エントラント ハセミモータースポーツ
監督 長谷見 昌弘
ゼッケン #3 G'ZOX・HASEMI・Z
ドライバー:金石 年弘、エリック・コマス(フランス)
エントラント チームインパル
監督 星野 一義
ゼッケン #12 カルソニックIMPUL Z
ドライバー:井出 有治、ブノワ・トレルイエ(フランス)

■プライベート支援
お客様にモータースポーツの楽しさを知っていただくため、様々なモータースポーツ活動をサポートしていく。
1) マーチカップレース/日産レーシングスクール
  入門クラスでありながら、本格的なレースが楽しめるマーチカップレースを開催する。車両は、現行のK12型マーチをベースに、足回りや排気系に改良を加えている。データロガー(記録装置)を標準装備して、参加者の運転技術の向上を図ると共に、多くのお客様にレーシングカーの楽しさを体感していただくことを狙いとする。また、各サーキットでレース前にマーチカップカーを使用したレーシングスクールを開催し、サーキットマナーやメンテナンスについても指導をしていく。
2) 日本国内のプライベーター支援
  SUPER GTのGT300クラス及びスーパー耐久シリーズに出場するプライベートチームに技術支援を行う。SUPER GTには、3台のフェアレディZがプライベートチームから出場し、スーパー耐久シリーズには、チームエンドレスからST1(旧クラス1)へ1台がエントリーする。またST3(旧クラス3)にはプライベートチームから4台フェアレディZが出場する。



一覧ページへ