PRESS RELEASE
2007.3.22
日産ナバラ、今季開幕戦で勝利
−南アフリカ・オフロード選手権レースレポート−
3月17日 南アフリカ
2007年南アフリカ・オフロード選手権(ABSA)開幕戦「ニッサン・ディーラー400」が、ケープタウン近郊のダーリングで開催され、日産ナバラをドライブした南アフリカオフロードチャンピオンのハンス・グロブラー/フランソワ・ジョルダーン組が優勝。南アフリカ日産モータースポーツは、2007年の滑り出しを完璧な形で迎えた。

 Copyright © Nissan South Africa 
南アフリカ日産にとって、49参戦中これが37回目の勝利となり、グロブラーはそのうち21勝と、オフロードレーシングで最多勝ドライバーとなった。金曜日に行われた16kmのプロローグランで、チームメイトのダンカン・ボスを4秒抑えて制したグロブラーは、スタートからフィニッシュまで首位の座を譲らなかった。

この6年間、オフロードチャンピオンのタイトルを守っているチームだが、今回は、あと一歩のところで1-2フィニッシュを逃した。SPクラスの日産ナバラで参戦したボス/ラルフ・ピッツフォード組は余裕の2位につけていたが、土曜日に行われた350kmの第3および最終ループで2回のパンクに見舞われた。これで10分近くロスし、最終的に3位でのフィニッシュとなった。


この日、トップ15中7台が日産勢を占め、日産はマニュファクチャラーズチーム賞を受賞。マニュファクチャラーズ選手権でも、トヨタ、フォードを抑えて首位に立った。

 Copyright © Nissan South Africa 
「トラブルのない走りができた」、スタートから4時間半経った午後1時過ぎ(現地時間)、ダーリングクラブでのフィニッシュでファンやサポーターに囲まれながら喜びにあふれたグロブラーが語った。「フランソワと僕は若手のライバル達から大きなプレッシャーを受けていたので、2人合わせて100歳以上の僕たちでもまだ勝てることを彼らに見せつけることができて、本当にうれしい!」

日産プライベーター陣では、ジュリー/アンドレ・デュプレシス兄弟(BBオート日産ハードボディ)が総合8位、クラスD首位、コッツィー・ラブスカン/ヨハン・ガーバー組がレイソニック・日産ハードボディで総合10位、クラスD2位でフィニッシュし、ワークス勢をサポートした。


2007ABSAの次戦、第2戦「ニッサン・KZN400」は、4月13-14日開催の予定。


ABSA Off Road Car Championship Rd.1

Pos Class Drivers Car Time
1 SP H Grobler/F Jordaan Nissan Navara 4h 32m 56s
2 SP M Cronje/C Birkin Toyota Hilux + 10m 58s
3 SP D Vos/R Pitchford Nissan + 12m 14s
4 SP B Harcus/J Mohr Ford Ranger + 12m 33s
5 SP M Schroder/W Huxtable Ford Ranger + 13m 06s
6 SP C Visser/J Badenhorst Toyota Hilux + 55m 24s
7 SP M Corbett/R Balzer Nissan Navara + 57m 18s
8 D J du Plessis/A du Plessis Nissan Hardbody + 1h 19m 12s
9 E J Visser/J le Roux Toyota Hilux + 1h 23m 36s
10 D C Labuscagne/J Gerber Nissan Hardbody + 1h 29m 42s
Back to the previous