PRESS RELEASE
2007.4.10
日産350Z、両レースでポイント獲得、ポルターは、選手権首位を堅守
−南アフリカ・プロダクションカー選手権レースレポート−
3月31日 南アフリカ
南アフリカ・プロダクションカー選手権第3戦が3月31日に開催され、8ラップのショートレースで行われたレース1では、リロイ・ポルター、ギャリー・フォーマト、シュコップ・シプカのサソル日産350Zがそれぞれ4、5、6位でフィニッシュし、貴重な選手権ポイントを獲得した。

 Copyright © Nissan South Africa 
レース2では、20ラップの競技がアクシデントの連続(セーフティカーの導入により、3ラップ短縮)となる中、フォーマトとシプカのサソル日産が激しい4位争いを展開した。ポルターは5周目でチームメイトのフォーマトに抜かれ、9周目ではパンクしたタイヤを交換するため6位でピットインすることとなった。ポルターは1周遅れでコースに復帰し、総合9位でフィニッシュした。

この第2レースは悔しい内容となったものの、選手権争いではポルターはクラスA、総合でいずれもリードを保っている。


フォーマト
「非常にハッピー。7番手スタートから4位獲得はいい内容だし、高ポイントを獲得した。予選でのペースをもっと上げて、トップ3フィニッシュのチャンスを高める必要がある」

シプカ
「この状況の中では、そう悪くはなかった。2回のレースを満喫し、ポイントを獲得できたこともハッピー。僕のマシンは今日かなりよくなったが、まだ少しペースが追いついていない」

グリン・ホール
(南アフリカ日産モータースポーツ・ジェネラルマネージャー)

「タフな週末になることは分かっており、予選での結果がこれを物語っている。3人のドライバーはよくやった。彼らはよく辛抱して結果を出し、ポイントを獲得した」


South Africa Production Car Championship Rd.3

Race 1


Pos Drivers Car Time
1 Johan Fourie Audi 10'57"51
2 Anthony Taylor BMW +2"18
3 Etienne van der Linde BMW +2"89
4 Leeroy Poulter Nissan +5"76
5 Gary Formato Nissan +6"08
6 Tschops Sipuka Nissan +7"24
7 Melvill Priest Audi +7"99
8 Clint Weston BMW +10"81
9 Reghard Rotes Nissan +10"88
10 Dawie Olivier SUBARU +21"23
- Marco da Cunha Nissan +23"65

Race 2

Pos Drivers Car Time
1 Johan FourieReghardt Roets Audi 28'49"64
2 Melvill Priest Audi +0"70
3 Etienne van der Linde Audi +0"80
4 Gary Formato Nissan +1"1
5 Tschops Sipuka Nissan +1"3
6 Clint Weston BMW +1"5
7 Anthony Taylor BMW +3"3
8 Peter Lindenberg SUBARU +4"4
9 Leeroy Poulter Nissan 19 laps
- Reghard Rotes Nissan DNF
- Marco da Cunha Nissan DNF
Back to the previous