PRESS RELEASE
2007.5.16
日産ナバラが開幕3連勝、ボスが総合優勝を飾る
−南アフリカ・オフロード選手権レースレポート−
5月12日 南アフリカ
2007年南アフリカ・オフロード選手権(ABSA)第3戦「サン・シティ400」が開催され、日産ナバラをドライブした元南アチャンピオンのダンカン・ボス/ラルフ・ピッツフォード組が優勝。南アフリカ日産はこれで、今季のABSA3連勝を達成した。

 Copyright © Nissan South Africa 
今回の勝利は南アフリカ日産にとって、2001年に国内オフロード選手権に復帰して以来51参戦中、40勝目となる。420kmのコースで争われたこのレースでは、ワークスの日産ナバラをドライブした現チャンピオンのハンス・グロブラー/フランソワ・ジョルダーン組(今季の開幕2連勝クルー)が3位でフィニッシュ、ノルウェー人クルーのイバー・トレフセン/クイン・エヴァンス組もプロダクションマシン部門で5位に入り、南アフリカ日産はこの日のマニュファクチャラーズチームチャレンジでも優勝を飾った。

ボス/ピッツフォード組は、金曜日に行われた55kmのプロローグランで勝利を収めた後、土曜日に行われたサン・シティを中心とする120kmのループ2周と、3本目に設定されたさらに長い180kmのループを通し、首位を堅守した。

 Copyright © Nissan South Africa 
わずか3戦目となる南アでのオフロード参戦に挑んだトルフセン/エバンス組は、今回も素晴らしいパフォーマンスを披露。4週間前に開催された「ニッサン・シュシュルウェ400」で見事2位でのフィニッシュを果たしたばかりのクルー。総合7位からのスタートとなり、ループ2ではエンジンのミスファイアにも見舞われたが、最終ループとなるループ3スタート時点では既に総合4位までの挽回を果たした。しかし、このループ序盤でパンクに見舞われ3分近くを失った他、フィニッシュ手前28km地点でもパンクが発生、タイヤ交換のために停車を余儀なくされ、目前だった4位フィニッシュを惜しくも逃すこととなった。

昨年、ムプマランガで行われた第7戦「トヨタ・ディーラー400」以来となる勝利に、ボスとピッツフォードは喜びを隠せない。「簡単には行かなかった」と選手権の中でも強豪のボスは語った。「とてもタフなルートで、本当に過酷だった。とにかく思う通りにはいかない。ベストな形で進むのを祈るばかりなんだ」


ABSAの次戦、第4戦「トヨタ1000デザートレース」は、6月15-16日開催の予定。


ABSA Off Road Car Championship Rd.3

Pos Class Drivers Car Time
1 SP D Vos/R Pttchford Nissan Navara 6h 48m 14s
2 SP N Woolridge/K Skjoldhammer Ford Ranger + 9m 48s
3 SP H Grobler/F Jordaan Nissan Navara + 10m 7s
4 SP M Cronje/C Birkin Toyota Hilux + 23m 19s
5 SP I Tollefsen/Q Evans Nissan Navara + 23m 59s
6 SP M Schroder/W Huxtable Ford + 43m 53s
7 SP H de Bruyn/J de Bruyn Toyota + 56m 12s
8 D A du Plessis/J Knox Nissan + 1h 17m 51s
9 E J Visser/J le Roux   + 1h 18m 45s
10 D G Barkhuizen/S Barkhuizen Toyota + 1h 19m 44s
Back to the previous