China Circuit Chanpionship
OUTLINE
MACHINE
TEAM
program
GALLEY
China Circuit Chanpionship
Round1 Shanghai
race result
race result
日産ティーダが連勝で選手権首位に
China Circuit Championship Round3 Race Report
race result
race result race result
race result race result
Copyright © NISMO 
中国のツーリングカーレース「中国サーキット選手権」(China Circuit Championship 通称CCC)の第3戦が2006年5月28日に広東省珠海(ズハイ)の珠海サーキット(1周4.3km)で開催され、1600ccクラスのレースでティーダを駆る何暁楽(東風日産ギアチーム)が初優勝し、チームは前戦に続いて連勝を果たした。これによってドライバーの何はドライバー選手権ポイント首位となり、東風日産ギアチームはチーム選手権でもトップに立った。

決勝レースの5月28日(日)は、朝から雨。一時は雷を伴う激しい降雨で、レースの開催が心配された。しかし、1600ccクラスの決勝レースがスタート進行に入る頃になると雨はあがり、曇り空となった。とはいえコース上の水ははけきらず、ウェットタイヤで19周の決勝レースはスタートした。1周のフォーメーションラップののち各車はグリッドに静止し、グリーンライトとともに一斉にスタート。

好スタートをきったのは予選3位からスタートした郭海生の#19ティーダ(東風日産ギアチーム)。スタート後の1コーナーには#9ジリーに続いて2位で入って行った。ポールポジションからスタートの#20ティーダは、一時は4位まで後退するが2周目に#3VWポロをかわして3位に。3周目に4位となったが、再び次の周に3位を取り戻すとその後はこの位置をキープ、6周目に#19ティーダがスピンして後退すると、代わって2位となった。

10周目には#9ジリーがタイヤ交換のためにピットインし、#20はついに首位に立った。その後路面の水は徐々にはけて行き、レースカーは水しぶきをあげることもなくなった。しかし、スリックタイヤに交換するほどの状態ではなく、チームは15周目まで待って#20をピットインさせた。レインタイヤを履いてピットアウトしたが、この時の迅速なピット作業によって#20ティーダは#9ジリーの前でレースに戻ることができた。
Copyright © NISMO 
#20ドライバーの何暁楽は、注意深く残り周回を走行。19周目のチェッカーフラッグをトップでくぐり抜け、何は自身初の優勝をポールトゥウィンで飾った。

#19ティーダは、スピンしたのちにグラベルベッドから抜け出すためタイムをロス。大きく順位を落としたが、その後11位まで挽回した。しかし、最終ラップに再びスピンアウトし、コースに戻る際、にタイミングベルトに石をかんでベルトを破損。水温が上がってしまったのでコースサイドにストップ。ここでレースを終えることとなった。


なお同日開催された2000ccクラスのレースでは、「778チーム」のサニーが3位入った。
次回第4戦は8月27日、上海国際サーキットにて開催される予定。


RACE RESULT
Class 1600cc
Pos Car name 1st Driver Laps
1 Dongfeng Nissan Ghiasports Team / TIIDA 何暁楽 41:36.310
2 GEELY CK 林立峰 41:47.543
3 GEELY CK 高華揚 42:36.808
4 CITROEN FK16V 周 勇 42:40.280
5 CITROEN FK16V 王 超 42:50.142
- Dongfeng Nissan Ghiasports Team / TIIDA 郭海生 R