FCJ Formula Challenge Japan

Round11 FUJI SPEEDWAY

心機一転でシリーズ後半スタート
まずは久保田が自己最高の5位フィニッシュを飾る

8月25日 富士スピードウェイ
夏休みも終わりに近づいた8月25〜26日、フォーミュラチャレンジ・ジャパンの第6ラウンドが、富士スピードウェイで行われた。前戦終了後には、シリーズのイコールコンディションを保つために、全員のマシンが入れ替えられ、さらにメンテナンスを請け負うガレージもシャッフルされた。カーナンバーこそ変わらないが、ひとりひとりが新しい環境の中で後半戦のスタートを切ることとなる。
ほぼ全員のドライバーが、1ヵ月半ぶりのフォーミュラカードライブとなった木曜日の公式テストでは、途中から雨が降ってくるなど十分な走り込みができたとはいえなかったが、金曜日の1セッション目は、トップからコンマ5秒差の中に16台がひしめく大混戦となった。NISSAN DRIVERS DEVELOPMENT PROGRAM(NDDP)の3名も、それぞれがインターバルの間に自らの課題を見つけ出してきた様子で、2日間のテスト走行を十分にこなしていった。


公式予選(8月25日)
Copyright © NISMO 
土曜日午前に行われた公式予選。前日までは風も涼しく比較的過ごしやすいコンディションだったが、この日は9時の予選開始時点で気温28℃、路面温度37℃を記録した。NDDPの3人をはじめドライバーが一気にコースイン、序盤から激しいアタック合戦が展開された。前日までのテストでは下位に沈んでいた#12久保田英夫はセッション序盤、その時点での10位タイムをマーク、しかしその後タイムアップできず14位となった。#17黒田吉隆は、公式練習中一斉に行われたウィングの角度調整にドライビングを合わせきれず24位、#24佐野夏澄は26位となった。

10分のインターバル後に行われた2回目の公式予選では、全体のタイムが僅かにアップ、上位グリッド争いはより厳しいものになった。#12久保田と#17久保田は前予選より1つポジションを上げた13位、23位、#24佐野は最終アタックで大きくタイムを縮めたが、順位は26位となった。

第11戦 決勝 (8月25日)
Copyright © NISMO 

第11戦決勝がスタートしたのは、土曜の13時15分。NDDPの3台は、スタートからオープニングラップでそろってポジションアップを果たした。#12久保田は前半からトップ5と変わらないペースで周回を重ね、6位まで順位を上げてきた。5周目には、その時点でのファステストタイムをマーク。序盤に起きたクラッシュを回避した影響で5位のマシンとは3秒近いギャップがあったが、1周につきコンマ3秒近いペースで縮めていく。最終ラップに入るホームストレートで前のマシンに並びかけ、1コーナーでパスし5位に浮上した。一旦は抜いたマシンを簡単には振り切れず、自身が苦手としているセクター2までは激しいバトルが続いたが、ここで抑えきると自己ベストの5位でチェッカーを受けた。#17黒田は22位、#24佐野はオープニングラップで上げたポジションを守りきり23位でゴールした。優勝はポールtoフィニッシュで#8中嶋大祐が獲得、今季の最多勝記録を4に伸ばした。



#12久保田英夫(予選14位/決勝5位)
「今までの順位(中団以下集団)でもベストを尽くしていたと思っていましたが、今回のようにトップ10内で走っていると、自分のハンドル操作が荒かったり、タイヤのグリップも(周りに比べて)使い切れていなかったということが実感できました。走っていてもペースがいいのは分かっていて、ファステストラップを取れなかったのが悔しいです」
(自己評価:3)

#17黒田吉隆(予選24位/決勝22位)
「金曜日の初めのうちは、調子も良くトップグループと同じタイムを出せたのですが、ウィングの角度を変えたとたん、リヤの不安定さをカバーできなくなりました。特に100R、セクター2区間が遅く、レースではここで後ろにつかれることが多かったです。明日はこの部分を何とかしたいです」
(自己評価:1)

#24佐野夏澄(予選26位/決勝23位)
「自動車の免許が取れて普段からクルマに乗るようになって、今までより動かし方とか挙動とかを実感できるようにはなりました。だけど、それを結果で表せないのが悔しいです。1回何か結果を出せれば、それをきっかけにもっと上がっていけると思うんですが……」
(自己評価:1)

RACE RESULT

Round 11 FUJI - Saturday, 25 August, 2007

Pos Car Driver Time / Diff
1 SRS-F スカラシップ FCJ 中嶋 大祐 26'13"604
2 FTRS スカラシップ FCJ 松井 孝充 26'19"695
3 Aプロジェクト FTRS FCJ 国本 雄資 26'20"423
4 SRS-F ARTA FCJ 山本 尚貴 26'21"180
5 NISSAN DDP FCJ 久保田 英夫 26'22"462
6 TDP スカラシップ FCJ 国本 京佑 26'22"765
7 TDP スカラシップ FCJ 井口 卓人 26'26"798
8 FTRS カルミネ FCJ ケイ コッツォリーノ 26'33"805
9 SRS-F スカラシップ FCJ 小林 崇志 26'35"219
10 A-PROJECT FCJ 李 康太 26'35"316
22 NISSAN DDP FCJ 黒田 吉隆 26'48"698
23 NISSAN DDP FCJ 佐野 夏澄 26'50"583