SOUTH AFRICA OFF ROAD CHANPIONSHIP
OUTLINE
program
 
SOUTH AFRICA OFF ROAD CHANPIONSHIP 2006
OPTIC200
Rd.2
日産ナバラのハンス・グロブラーが総合2位を獲得
SOUTH AFRICA OFF ROAD CHAMPIONSHIP Rd.2 Nissan Sugarbelt 400
Copyright © NISSAN 
2006年南アフリカ・オフロード選手権(ABSA)第2戦「ニッサン・シュガーベルト400」が5月5-6日、南アフリカ、クワズル・ナタルのエストン地域で開催され、SP(改造車)クラスの日産ナバラをドライブした元チャンピオンのハンス・グロブラー/フランソワ・ジョルダーン組が総合2位を獲得した。また日産は、グロブラー/ジョルダーン組、マーク・コルベット/ジャン・モール組、コエッツィー・ラブスカン/ヨハン・ゲルブラー組のチーム上位3クルーの活躍で、マニュファクチャラーズ・チャレンジでの勝利を収めた。

ダンカン・ボス(元ドライバーズチャンピオン)と、現コ・ドライバーズチャンピオンのラルフ・ピッツフォード組は、エストン周辺のサトウキビ畑のグラベルコースで優位にラリーを展開したが、フィニッシュまでわずか40kmという地点で、抱えていたクラッチが滑るトラブルがピークに達し、ついに停車・リタイアとなってしまった。

金曜日のプロローグでベストタイムをマークしたボスは走行順1番手を獲得し、6時間に亘りラリーをリード。プロローグで2番手のタイムを出したチームメイトのグロブラーはラリー中盤までボスの後ろにつけたが、コースオフした際にスタック。これで6分のタイムロスを喫し、競技に復帰した時にはボス、ニール・ウーリッジ(フォード)に続く3位となった。その後、スタックしたボスのマシンを追い越した時点で、グロブラーはウーリッジまで1分差に追い上げた。

Copyright © NISSAN 
結局、グロブラーはウーリッジに3分30秒遅れの2位でフィニッシュ。これで今季1勝・2位1回ずつをマークしたグロブラーとウーリッジは、ドライバーズ選手権で首位タイに並んだ。

「両マシンとも、今回は新しいクラッチを採用した」と日産モータースポーツのジェネラルマネージャー、グリン・ホール。「ダンカンの故障はハンスにも発生したが、ハンスの方はフィニッシュまで持ちこたえた。この後、マシンをワークショップに持ち帰り、何が原因だったのかクラッチを念入りに調査する。クラッチトラブルを除けば、両マシンともとても正確な走りを見せ、ダンカンとハンスがプロローグや競技中に見せたパフォーマンスは、勝てるペースだった。ダンカンとラルフはクラッチが故障するまで完全にラリーを牛耳っていたし、ハンスは筋肉痛、フランソワは、ひどい風邪という悪状況の中、グッドファイトを見せた」


一方、日産のプライベーター陣は好調で、コルベット/モール組が、2004年クラスDタイトル獲得マシンである日産ハードボディでの初参戦で総合5位を獲得、ルブスカン/ゲルブラー組が総合7位、ジュリ−/アンドレ・デュプレシス兄弟が総合10位に入った。

ABSAの次戦、第3戦「トヨタ1000デザートレース」は6月9-11日、ボツワナで開催の予定。


RACE RESULT
Pos Car name 1st Driver Laps
1 Ford Ranger N Woolridge / K Skjoldhammer  7h 19m 53s
2 Nissan Navara H Grobler / F Jordaan  7h 23m 23s
3 Ford Ranger M Schroder / A Harris  7h 52m 09s
4 Toyota Hilux B Bertholdt / R Houghton  8h 21m 57s
5 Nissan Hardbody M Corbett / J Mohr  8h 37m 22s
6 Toyota Hilux C Weichelt / L Weichelt  8h 38m 11s
7 Nissan Hardbody C Labuscagne / J Gerber  8h 41m 41s
8 Toyota Hilux M Moffat / S Moffat  8h 42m 12s
9 Toyota Hilux B Martin / O Fourie  8h 51m 54s
10 Nissan Hardbody J du Plessis / A du Plessis  9h 00m 29s