SOUTH AFRICA OFF ROAD CHANPIONSHIP
OUTLINE
program
 
SOUTH AFRICA OFF ROAD CHANPIONSHIP 2006
OPTIC200
Rd.3
日産ナバラのダンカン・ボスが総合優勝し、日産は3連勝
SOUTH AFRICA OFF ROAD CHAMPIONSHIP Rd.4 Limpopo 400
Copyright © NISSAN 
2006年南アフリカ・オフロード選手権(ABSA)第4戦が8月5-6日、南アフリカ共和国リンポポ州の州都ポロクワネ郊外にて開催され、今年新設されたスーパープロダクション(SP)クラスに日産ナバラで参戦したダンカン・ボスが初の総合優勝を飾った。これによって日産は、2006年南アフリカ・オフロード選手権3連勝を達成した。

レースがスタートした土曜日には、トップのベバン・ベルソルド/ロビン・ホートン組(トヨタ)の後方2番手につけていたボスとコ・ドライバーのラルフ・ピッツフォード組が、安定的かつハードなドライブでベルソルド組からリードを奪い、チェッカーフラッグを受けるまで首位を維持する走りを見せた。一方、チームメイトのハンス・グロブラー と フランソワ・ジョルダーンは、5番手のスタートポジションを確保したものの、リアサスペンションを岩にヒットさせてしまい、早々のリタイアとなった。

プライベート参加のマーク・コルベット/ジャン・モール組は、南アフリカ日産モータースポーツ製作による新車の日産ナバラでボス組を激しく追い上げたが、結局フィニッシュ直前にパンクし3位でレースを終えた。

ダンカン・ボス:
「プロローグではトヨタのベルソルド組の後ろで2番手だったが最初からは無理をしなかったし、タイムについてはまだ余裕があることをわかっていたので、特に気にはしなかった。土曜日は、最初の1時間でリズムに乗れた。競技が進むにつれスピードを上げることができたが、先行車の埃が一番の問題だった。レースの約3分の2地点あたりで、トップを追い抜き、停止義務のあるサービスでの15分ピットストップに最初に到着できた。その後は一定のプレッシャーはあったが、自分達のペースを守り、スローダウンすることなくそのままの走りをキープしたよ。クルマは100%だった」

Copyright © NISSAN 
南アフリカ日産モータースポーツ・マネージャー、
グリン・ホール:

「ハンス と フランソワは、プロローグの中間地点で後方車両を35秒差でリードしていたが、ミスをおかしてしまった。その間にダンカンが良いパフォーマンスを見せ2位につけた。土曜日、ハンスは快調にスタートした。しかし川底の岩にヒットしトレーリングアームを破損して、それまでとなった。ダンカンにとっては間違いなく最高に素晴らしい日となった。過去にはなかなか勝利に恵まれなかったからね」

ABSAの次戦、第5戦「レソト・サン400」は9月1-2日に開催される。


RACE RESULT
Pos Car name 1st Driver Laps
1 Nissan Navara D Vos / R Pitchford  7h 29m 10s
2 Ford Ranger N Woolridge / K Skjoldhammer  7h 36m 00s
3 Nissan Navara M Corbett / J Mohr  7h 38m 33s
4 Ford Ranger M Schroder / W Huxtable  8h 08m 24s
5 Toyota Hilux J Visser / J Le Roux  8h 10m 39s
6 Toyota Hilux H de Bruyn / J de Bruyn  8h 11m 34s
7 Toyota Hilux J Visser / J le Roux  8h 13m 09s
8 Toyota Hilux C Weichelt / L Weichelt  8h 16m 55s