Report
RACE REPORT
Race Calendar Race Calendar
Rd2 OKAYAMA GT300km OKAYAMA InternationalCIRCUIT 2007.04.07 sat - 08 sun

GT300 class 決勝

#46「宝山 DUNLOP Z」は6位

#13「エンドレスアドバン洗剤革命 Z」は7位でポイント獲得

#46宝山DUNLOP Z(佐々木孝太/横溝直輝)6位
#13エンドレスアドバン洗剤革命Z(影山正美/藤井誠暢)7位
#47宝山DUNLOP Z(脇阪薫一/密山祥吾)14位

Copyright © NISMO 
レース終盤、#46 Zの横溝に#13 Zの藤井が追いつき、2台のZによるテールtoノーズの6位争いが演じられた。しかし今回の開催地はタイトな岡山。そしてZ同士の相打ちは避けたい。GT500車両が絡み、その差は接近したり開いたりを繰り返したが、わずか0 秒257という差でチェッカー。#46 Zは6位、#13 Zは7位でそれぞれポイントを獲得。#46 Zは現状のままノーハンディで、また#13 Zはハンディウェイトを10kg減らして富士に臨むことになった。

14時にローリングスタートが開始。天候は薄曇りで、南西からの風がやや強い。気温は17℃、路面温度は26℃と前日よりもレース観戦がしやすそうだ。スタート直後は大きな混乱もなく、#13 Zの影山はポジションキープの5位、#46 Zの佐々木はひとつポジションを落とした9位、#47 Zの蜜山もひとつ落とした20位で1周を終了。トップ争いをする#2紫電と#101MR-Sが3位以下を引き離して行く中、#13 Zも#46 Zも引き離されまいとラップを重ねていった。

GT500がGT300をラップ遅れにして行く状況の15周目、1コーナーに7台の車両が固まって進入。#13 Zの影山は3位の#62ヴィーマックの斜め後ろで1コーナーへ入って行こうとしたが、GT500に道を譲った#62ヴィーマックがブレーキングしながら影山の前に飛び込んできた。影山は衝突を避けようと試みたもののヴィーマックを押す形となり相手がスピン&コースアウト。この行為によりピットロードのドライブスルーペナルティが課せられ、ポジションを12位まで落とすことになった。いっぽう#46 Zの佐々木はジワジワとポジションを上げ、22周目には5位まで浮上した。

Copyright © NISMO 
ステディな走行を続けていた#47 Zの蜜山は、30周を過ぎたころからピット作業に入る車両もあり、レース中盤の35周目には12位までポジションを上げ、40周目にピットインして脇阪に交代した。#13 Zの影山は12位から追い上げを開始し40周目には6位まで順位を回復、42周目にピットインをして藤井に交代した。そして#46 Zの佐々木は3位を走行していた46周目にピットインして横溝にステアリングを託した。

51周を過ぎてほとんどの車両がピット作業を終わらせた時点で、#46 Zの横溝は5位、#13 Zの藤井は7位、#47 Zの脇阪は15位を走行。56周目に#46 Zはストレートスピードに勝る#87ムルシェラゴにかわされ6位に。#46 Zと#13 Zの差はこの時点で4秒ほどだった。しかし横溝に藤井がじわじわと迫り、61周目にはその差は1秒7まで接近。結局、2台は0秒257という僅差で67周でチェッカー。#46 Zは今季初ポイント(5点)を獲得、#13 Zは4点を加えシリーズ3位となった。また#47 Zは粘りの走りを見せて14位だった。

次の第3戦・富士は500kmの長丁場となる。#13 Zはハンディが10kg減った30kgで、また#46と#47のZはどちらもハンディなしでレースに臨むことになった。

Copyright © NISMO 
佐々木孝太
(#46「宝山 DUNLOP Z」/6位) 「本当は表彰台に行きたかったけれど、現状はこんなものでしょう。GT300 Zの中ではトップ守れたし、横溝もクルマに慣れてきて今回はバトルもあったしレースができたという点で、収獲はあったと思います。次はハンディを背負わずにレースができるし、もっと上のポジションを狙っていきたいですね」

※シリーズポイント、ウェイトハンディは日産、ニスモの独自計算に基づく

RACE RESULT

Rd. 2 OKAYAMA GT 300km RACE [ 14:03〜82Laps Cloudy / dry ]
Sunday,8 April, 2007 - Okayama International Circuit

Pos No Car name Driver (1st / 2nd) Time / Diff
1 101 TOY STORY apr MR-S 大嶋 和也
石浦 宏明
2:02'41"445
2 2 プリヴェKENZOアセット・紫電 高橋 一穂
加藤 寛規
-3"658
3 26 ユンケルパワー タイサン ポルシェ 山路 慎一
谷口 信輝
-5"535
4 87 マルホン ムルシエRG-1 桧井 保孝
余郷 敦
-1Lap
5 110 GREEN-TEC BOXSTER GT 黒澤 琢弥
光貞 秀俊
-1Lap
6 46 宝山 DUNLOP Z 佐々木 孝太
横溝 直輝
-1Lap
7 13 エンドレスアドバン洗剤革命 Z 影山 正美
藤井 誠暢
-1Lap
8 62 WILLCOM ADVAN VEMAC408R 柴原 眞介
黒澤 治樹
-1Lap
9 31 apr MR-S 峰尾 恭輔
坂本 雄也
-1Lap
10 33 HANKOOK NSC PORSCHE 木下 みつひろ
坂本 祐也
-1Lap
14 47 宝山 DUNLOP Z 脇阪 薫一
密山 祥吾
-2Laps