Report
RACE REPORT
Race Calendar Race Calendar
Rd2 OKAYAMA GT300km OKAYAMA International CIRCUIT 2007.04.07 sat - 08 sun

GT500 class 決勝

「MOTUL AUTECH Z」、殊勲の3位表彰台

Copyright © NISMO 
4月8日(日)に岡山県美作市の岡山国際サーキット(1周3.703km)でSUPER GT第2戦決勝レースが行われ、予選6位からレースをスタートした「MOTUL AUTECH Z」(#22、ミハエル・クルム/松田次生組)が3位に入賞した。これによって、フェアレディZ GT500は開幕戦に続き、2戦連続表彰台フィニッシュとなった。

35,000人の観衆が見守る中、午後2時過ぎに42台のGTマシンが出場する82周300kmの決勝レースのスタートが切られた。6番グリッドからレースをスタートした#22 Zのミハエル・クルムは、オープニングラップの第1コーナーで起きた接触アクシデントで自車も後ろから軽くプッシュされるものの、姿勢を保って5位をキープ。その後先行する#32 NSXを捉えて2周目には4位となり、さらに先行車の背後を脅かした。そして、上位車が違反行為でドライブスルーペナルティを受けたため3位に浮上。スタートダッシュした首位の#8 NSXを追い、速いペースで周回を重ねた。しかし、ややソフトなタイヤを装着していたため、速いタイムでのプッシュによる摩耗が激しく、33周目でピットインし、松田次生にドライバー交代した。NSX勢は後輪のみの交換でピットアウトするためロスタイムが少なく、各車がピットインを終えた時に松田は4位となっていた。しかし、松田は果敢に先行車を攻め続け、50周目には#32 NSXを、57周目には#100 NSXを捉えて2位となった。
Copyright © NISMO 
その時点で首位の#8 NSXとの差は10秒以上あったが、松田は逆転を狙ってペースアップ。約8秒差まで詰めたところで、GT500の周回遅れに追いついてしまう。これらの処理のためタイムをロスし、さらにブレーキング時に前車のイン側についたにも関わらずノーズをかぶせられたためパニックブレーキで避け、僅かながらコースアウト。その隙に後続車に先行を許し、3位でチェッカーフラッグを受けた。

予選10位からレースをスタートした#23 Zも本山哲が好スタートを切り、1周目には早くも6位に浮上した。その後5位に上がって安定的に速いラップタイムを刻んだが、20周目に突然スローダウン。エンジンが停止し再始動できなかったため、リタイヤとなった。2006年モデルのフェアレディZ GT500で出場した「カルソニック インパルZ」(#12、ブノワ・トレルイエ/星野一樹組)は、星野がスタートを担当した。彼は序盤に前後のマシンと激しいポジション争いを展開し、予選12位から9位にまで順位を押し上げて交代。後半を受け持ったトレルイエも力強い走りを見せ、8位でレースを終えた。その他、「YellowHat YMS モバHO! TOMICA Z」(#3、セバスチャン・フィリップ/柳田真孝組)は13位、「WOODONE ADVAN Clarion Z」(#24、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/荒聖治組)は15位で完走した。

#22 Zミハエル・クルム
「スタートの第1コーナーで後ろにゴツンとぶつけられたときは、ダメかと思ったけどスピンせず持ちこたえられて良かった。これはラッキーでした。
Copyright © NISMO 
でもタイヤを使い果たして、早めにツギオ(松田)に交代していたので彼の周回は長かったんですが、とてもアグレッシブに走ってくれてトップに追いつく勢いでした。ツギオの凄い走りに僕もエキサイトしました。3位に入れて本当に嬉しいです」

#22 Z松田次生
「クルマがとても良い仕上がりで、いけると思った。2位にまで上がった時には、トップも狙っていました。しかし、周回遅れに引っかかりロスしたばかりか、かぶせられてあわや接触するところでした。あそこでペナルティをもらったら全てが台無しになるので、タイヤをロックさせてコースアウトを選びました。悔しいけど、仕方なかったと思います。2戦続けてポイントも取れたし、次の富士が今から楽しみです」

飯嶋嘉隆ニスモ監督
「#22が3位に入ってくれてホッとしました。ドライバー達がクルマは良いと言っていたので、追い上げレースができると予想していましたが、その通りとなって本当に良かった。特に松田がファイト溢れる走りで観客の皆さんにエキサイティングなレースを見せてくれたことは、私も満足しています。そして、あわや接触を避け最悪の事態を回避した彼の冷静な判断も素晴しいと思います。#23もレース直前にはセッティングが決まり、本山が最高のスタートで6位に順位を上げ、その後も良く追い上げてくれました。それだけに、クルマのトラブルでリタイヤとなったのは、とても残念です。次の富士には、クルマもチームもさらに鍛え上げて臨みます。是非、ご期待ください。今日は大きなご声援をありがとうございました。ドライバーもチームも大いに励まされました」

RACE RESULT

Rd. 2 OKAYAMA GT 300km RACE [ 14:03〜82Laps Cloudy / dry ]
Sunday,8 April, 2007 - Okayama International Circuit

Pos No Car name Driver (1st / 2nd) Time / Diff
1 8 ARTA NSX 伊藤 大輔
ラルフ・ファーマン
2:01'14"759
2 100 RAYBRIG NSX ドミニク・シュワガー
細川 慎弥
-15"186
3 22 MOTUL AUTECH Z ミハエル・クルム
松田 次生
-22"149
4 32 EPSON NSX ロイック・デュバル
ファビオ・カルボーン
-29"361
5 1 宝山 TOM'S SC430 脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
-31"596
6 25 ECLIPSE ADVAN SC430 土屋 武士
織戸 学
-1'00"300
7 18 TAKATA 童夢 NSX 道上 龍
小暮 卓史
-1'00"663
8 12 カルソニック インパル Z ブノワ・トレルイエ
星野 一樹
-1'00"970
9 35 BANDAI DUNLOP SC430 服部 尚貴
ピーター・ダンブレック
-1Lap
10 17 REAL NSX 金石 勝智
金石 年弘
-1Lap
13 3 YellowHat YMS モバHO!
TOMICA Z
セバスチャン・フィリップ
柳田 真孝
-1Lap
15 24 WOODONE ADVAN Clarion Z ジョアオ・パオロ・デ・ オリベイラ
荒 聖治
-1Lap
R 23 XANAVI NISMO Z 本山 哲
リチャード・ライアン
-63Lap