Report
RACE REPORT
Race Calendar Race Calendar
Rd3 FUJI GT500km FUJI SPEEDWAY 2007.05.03 sat - 04 sun

GT300 class 決勝

#13「エンドレスアドバン洗剤革命Z」が
荒れたレースで4位フィニッシュ

#13エンドレスアドバン洗剤革命Z(影山正美/藤井誠暢)4位
#47宝山DUNLOP Z(脇阪薫一/密山祥吾)11位
#46宝山DUNLOP Z(佐々木孝太/横溝直輝)18位

Copyright © NISMO 
五月晴れとなった決勝日。2周のフォーメーションラップの後、14時13分に109周の決勝レースがスタートした。通常より長い500kmレースなのでピット作業は2回が予定されている。予選6位の#46 Zは横溝が初めてスタートを担当し、予選11位の#13 Zは影山、予選13位の#47 Zは蜜山がスタートドライバー。スタート直後の混乱を巧みにかいくぐり2つポジションを上げたのが#13 Zで、#47 Zもひとつポジションを上げることに成功した。しかし2周目の1コーナーで#47 Zは他車両に追突されスピン&コースアウト。28台中26位まで大きくポジションダウンを喫することになった。また#46 Zはじわじわとポジションを下げて4周目には8位。直後には#13 Zがつけて、14周目には8台による4位争いの大きなグループとなった。予想以上にタイヤが磨耗しさらに前後も詰まって思うように走れない状態の#13 Zは、21周で予定より早めのピットイン。結果的にこれが功を奏すことになる。

序盤に大きく遅れた#47Zは、2ランクアップの性能調整を発揮して毎周のようにポジションを上げ、24周目には9位と驚異的なリカバリーを見せた。そして36周目には5位の#46 Zに続く6位へアップした。#46 Zは41周で1回目のピットインを行い佐々木に交代。また#47 Zも45周でピットインを行い脇阪に交代した。この間、#13 Zがポジションを上げて46周目には8位、そして#46 Zが11位、#47 Zが12位。しかし50周目、ネッツコーナーにおいてGT300とGT500車両によるアクシデントが発生しコース上で炎上。この消火と車両の排除のために赤旗中断とされ、各車両はメインストレートでいったん停止して待機。隊列を組み直した後にスタートが切られることになった。#13 Zはクラストップの車両と同一周回の6位。しかし#46 Zと#47 Zは周回遅れの9位と10位となり不運なことにこれでほぼ勝負権を失うことになってしまった。

Copyright © NISMO 
再スタートが切られると、1ピット作戦を取る車両がピットインを済ませたこともあり、54周目には#13 Zは2位へ浮上することになった。そして63周で2回目のピットインを行い藤井に交代、3位でコースに送り出した。68周目、4位となった藤井の後ろに#46 Zが追いつき、71周目にはテールtoノーズ、そしてZ同士の無理は勝負は避けて72周目には#46 Zが前に出て3位へ。#47 Zも6位を守っていた。

78周で#4 6Zが2回目のピットインで、給油とタイヤ交換だけで10位でコースへ。81周目には#47 Zも2回目のピットインで、こちらも給油とタイヤ交換だけで、#46 Zの後ろとなる9位でコースへ。終盤の88周目には#13 Zが3位、#46 Zが7位、#47 Zが9位と3台がそろってポイント圏を走行していた。しかし89周目に#47 Zがイレギュラーのピットイン。8周前のピット作業で予定どおりの給油が行われなかったのだった。これで#47 Zは12位にポジションダウン。さらに#46 Zのペースが落ちて95周で緊急ピットイン。フロントタイヤを交換してコースへ復帰するが、翌周にまたもやピットイン。サスペンショントラブルのため、ここで佐々木はZを降りることになった。

Copyright © NISMO 
いっぽう表彰台をかけて3位走行中の#13 Zは、#101 MR-Sとのバトルを演じていた。82周目に#101 MR-Sが3位を奪うが、藤井もプレッシャーをかけ続け翌周には相手のミスを誘い再逆転し3秒の差をつけた。しかしタイヤも磨耗していたこともあり89周目にはまたもや追いつかれ、91周の1コーナー手前で前に出られてしまった。結局このままの順位でチェッカーとなり、#13 Zは表彰台こそ逃したものの4位で8点を加算。3戦の合計で35点としてシリーズ3位をキープした。#47 Zは11位ゴールながら、脇阪のベストラップが3位となり1点を獲得。#46 Zはチェッカーは受けられなかったものの18位完走扱いとなった。


藤井誠暢
(#13「エンドレスアドバン洗剤革命Z」 4位)

「このレースウィークはずっと流れが悪く悩んでいました。ミスをせずに確実に走りきれば5位ぐらいは行けるかと話していましたが、チームの総合力で4位を獲得できました。#101MR-Sにはストレートスピードでかなわなかったですね。でも4位という順位は追加されるウェイトも5kgだけなので、次のセパンとSUGOでも狙って勝負ができると思います」

RACE RESULT

Rd. 3 FUJI GT 500km RACE [ 14:13 〜 109 Laps fine / dry ]
Friday,4 May, 2007 - Fuji Speedway

Pos No Car name Driver (1st / 2nd) Time / Diff
1 43 ARTA Garaiya 新田 守男
高木 真一
3:20'19"322
2 88 アクティオ ムルシェRG-1 マルコ・アピチェラ
山西 康司
-14"332
3 101 TOY STORY apr MR-S 大嶋 和也
石浦 宏明
-43"232
4 13 エンドレスアドバン洗剤革命 Z 影山 正美
藤井 誠暢
-48"535
5 2 プリヴェKENZOアセット・紫電 高橋 一穂
加藤 寛規
-1'16"358
6 31 apr MR-S 峰尾 恭輔
坂本 雄也
-1 Lap
7 66 トリプルA ガイヤルド RG3 古谷 直広
栗原 宗之
-1 Lap
8 110 GREENTEC KUMHO MAZIORA BOXSTER 黒澤 琢弥
光貞 秀俊
-1 Lap
9 19 ウェッズスポーツセリカ 飯田 章
関口 雄飛
-1 Lap
10 77 クスコ DUNLOP スバルインプレッサ 山野 哲也
青木 孝行
-1 Lap
11 47 宝山 DUNLOP Z 脇阪 薫一
密山 祥吾
-1 Lap
18 46 宝山 DUNLOP Z 佐々木 孝太
横溝 直輝
-4 Laps