Report
RACE REPORT
Race Calendar Race Calendar
Rd3 FUJI GT500km FUJI SPEEDWAY 2007.05.03 sat - 04 sun

GT500 class 決勝

ニスモの「フェアレディZ」が1-2フィニッシュ

Copyright © NISMO 
5月4日(金)、晴天の富士スピードウェイ(静岡県駿東郡、1周4.563km)でSUPER GT第3戦決勝レースが行われ、予選11位からスタートした「XANAVI NISMO Z」(#23 本山哲/リチャード・ライアン)が優勝。同13位の「MOTUL AUTECH Z」(#22 ミハエル・クルム/松田次生)が2位に入り、5万4800人の大観衆が見守る中、V 8自然吸気エンジン搭載の日産フェアレディZ(GT500)が1-2フィニッシュを飾った。なお、予選15位からスタートした「YellowHat YMS モバHO! TOMICA Z」(#3 セバスチャン・フィリップ/柳田真孝)も4位に入賞した。

気温25度、路面温度38度と初夏を思わせる好天のもと、午後2時5分にフォーメーションラップがスタート。2周のフォーメーション走行の後、109周500kmの決勝レースが始まった。前日のスーパーラップでファイトあふれるドライビングを見せ、予選5位となった「カルソニック インパルZ」(#12 ブノワ・トレルイエ/星野一樹)が好スタートを切り、トレルイエは3周目には早くも2位につけた。その後後続車に先行を許し、20周目には他車に接触されるなど不運があり、29周目にはコース上に散乱した異物のためかフロントタイヤがパンク。大きく後退し、緊急ピットインした。
Copyright © NISMO 
一方、後方スタートながらトラブルにも巻き込まれず、#23 Zは本山が3周目には8位、20周目には5位へと順調に順位を上げていった。しかし、長丁場に備えてセーブしたこともあって一時的にペースを落とし、7位でライアンに交代した。ライアンも当初はGT300車両に囲まれてポジションアップのタイミングがつかめなかったものの、コース上で起きた他車のクラッシュ・炎上アクシデントによる赤旗中断を経てレースが再スタートとなると、パフォーマンスを一気に発揮。3位のポジションを確保し、さらに2度目のピットイン直前には暫定首位に浮上した。再びステアリングを握った本山は、追従するチームメイトの#22 Z(松田)とのバトルを制すると、トップを独走。その後一度も他車にポジションを脅かされることなく109周目のチェッカーフラッグをトップで駆け抜け、今季初優勝を遂げた。同様に序盤から確実に順位をあげていった#22 Zは、スターティングドライバーのクルムが48周目には2位となった。その後レース中断を経ても2位を維持。その時点で首位を走っていた#18 NSXを69周目に捉え、首位で2度目のピットに入って松田に交代した。短いピットイン時間によって1位でレースに戻った#23 Zの後に続き、松田は前に出る機会をうかがった。逆転は叶わなかったもののその後の周回でも松田は本山に引けを取らない力強い走りを見せ、わずか2秒差の2位でフィニッシュラインを越えた。前戦の岡山で3位入賞している#22 Zは2戦連続での表彰台獲得。ドライバーズ選手権ポイントでは開幕戦で2位、今回優勝の本山、ライアンがともにランキング1位、クルム、松田のふたりは同2位となった。チームポイントでは、#22NISMOと#23NISMOは同点首位。

#12 Zは、レース中盤に他車との接触に寄るマシントラブルのため、一時ピットガレージに引き込まれて修理を受け、10位完走でポイントを獲得した。「WOODONE ADVAN Clarion Z」(#24ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/荒聖治)は、15位を走行していた13周目に他車と激しく接触してコース上に停止。ダメージが大きく、リタイヤとなった。


Copyright © NISMO 
#23 本山哲
「ストレートの長い高速コースであるこの富士スピードウェイで勝てるクルマを作ることが今年の目標だったので、それが果たせてうれしい。予選11位でスーパーラップにも出られなかったが、クルマの手応えは確かだったので表彰台はいけると思っていた。こんなに多くの日産応援団の前で優勝できて本当にうれしい」

#23 リチャード・ライアン
「本当にすばらしい。夢のようです。しかし、僕らドライバーは全くノーミスだったし、ピットワークも完璧だった。なので、単なるラッキーではないと信じている。クルマも僕のパートナーの哲(本山)も本当に強かった。そして、スタンドの大観衆に勇気づけられたことは言うまでもありません」

ニスモ飯嶋嘉隆監督
「1-2フィニッシュできたことは、この上ない喜びです。勝つと宣言していたので、有言実行できて良かったと思います。ニスモのレース強さが改めて証明されたと言っていいでしょう。そして、うちのドライバー達はタイヤの使い方が極めてうまいので安定したペースが築け、チームの確実なピットワークがそれをサポートして勝利を手にできたのだと思います。各地からお集まりいただいたファンの皆さんの応援が、文字通り強い追い風になりました。ありがとうございました」

RACE RESULT

Rd. 3 FUJI GT 500km RACE [ 14:13 〜 109 Laps fine / dry ]
Friday,4 May, 2007 - Fuji Speedway

Pos No Car name Driver (1st / 2nd) Time / Diff
1 23 XANAVI NISMO Z 本山 哲
リチャード・ライアン
3:19'52"613
2 22 MOTUL AUTECH Z ミハエル・クルム
松田 次生
-2"114
3 6 Forum Eng. SC430 片岡 龍也
ビヨン・ビルドハイム
-14"900
4 3 YellowHat YMS モバHO! TOMICA Z セバスチャン・フィリップ
柳田 真孝
-1'14"591
5 100 RAYBRIG NSX ドミニク・シュワガー
細川 慎弥
-1'27"642
6 38 ZENT CERUMO SC430 立川 祐路
高木 虎之介
-1Lap
7 35 BANDAI DUNLOP SC430 服部 尚貴
ピーター・ダンブレック
-1Lap
8 39 デンソー サード SC430 アンドレ・クート
平中 克幸
-1Lap
9 8 ARTA NSX 伊藤 大輔
ラルフ・ファーマン
-1Lap
10 12 カルソニック インパル Z ブノワ・トレルイエ
星野 一樹
-7Laps
15 24 WOODONE ADVAN Clarion Z ジョアオ・パオロ・デ・ オリベイラ
荒 聖治
-97Laps