Report
RACE REPORT
Race Calendar Race Calendar
Round8 2007.10.13 sat - 14 sun

GT300 class 決勝

#46 Zが2位、#13 Zが3位で表彰台へ

#47 Zも6位でゴール

#46宝山DUNLOP Z(佐々木孝太/横溝直輝)2位
#13エンドレスアドバン洗剤革命Z(影山正美/藤井誠暢)3位
#47宝山DUNLOP Z(脇阪薫一/密山祥吾)6位

Copyright © NISMO 
33周目にピット作業を終えた#46 Zの横溝がコースへ復帰すると、その前にピット作業を終えていた#13 Zの藤井が横溝の背後に迫った。第1コーナーでタイヤをロックさせた横溝の隙を突こうとする藤井。まだタイヤの温度が低くグリップに欠ける中、それを抑える横溝。そしてその次のラップに暫定トップに立っていた#62ヴィーマックがピット作業を終え、2台の前でコースインした。やがてタイヤが暖まると横溝は藤井との差をじわりと開いていく。#62ヴィーマックと#46 Zに2秒あった差は、GT500車両に周回遅れにされる間に4秒2にまで開いてしまうが、そこから横溝が踏ん張り1秒余まで差を詰めた。そして48周目には0秒414と背後にピタリとつけた。ところが第1コーナーで横溝をかわしたGT500車両が勢いあまって横溝に当たりながら押す形となった。このレーシングアクシデントでリアタイヤがグリップしなくなった横溝は、#62ヴィーマックからじわじわと引き離され、最終的には20秒差の2位でチェッカー。#13 Zの藤井も3位でチェッカーを受けて、優勝こそならなかったものの2台のZが表彰台を獲得した。また#47 Zも後半にポジションを上げて6位でゴール。トップ6に3台のZがゴールするという好成績を収めた。

Copyright © NISMO 
決勝日は朝から曇り。9時25分から30分間行われたフリー走行中盤、#46 Zがエンジンから白煙を吹いてコース脇にストップ。エンジンブローだった。13時過ぎのウォームアップまで約3時間、メカニックをはじめとするチームスタッフが一丸となってエンジン交換を行い、ウォームアップの5分前にマシンは息を吹き返した。多少なりとも不安を抱えてのスタートとなったのだった。

スタートドライバーは、GT300クラスポールポジションの#46 Zが佐々木、4位の#13 Zが影山、10位の#47 Zが密山。14時にフォーメーションラップのスタートが切られると、佐々木がプッシュして10周の間に3秒ほどのマージンを稼いだ。影山も1周目に3位にポジションアップして2位の#62ヴィーマックを追いかけた。#47 Zの密山はオープニングラップに5台にかわされ15位まで順位を下げたが、タイヤを労わりながらラップタイムキープの走りで周回を重ねていった。

Copyright © NISMO 
やがてGT500に周回遅れにされ始めるとGT300の差は接近したり離れたりとなる。25周目にトップ#46 Zの佐々木と#62ヴィーマックとの差が1秒ほどに縮まると、その2周後には第2ヘアピンで多重クラッシュが起き、その混乱の間に佐々木のマージンはすっかりなくなってしまった。GT300 Z勢の中で最初に動いたのは#13 Z。29周でピットインすると藤井に交代。翌周には#47 Zがピットインして脇阪にスイッチした。クラストップの#46 Zは33周でピットインして横溝に交代、ピット作業にミスもなかった。しかし「(佐々木が)ピットインしたことで#62ヴィーマックの前にスペースができペースを上げられた。さらに向こう(ヴィーマック)のピット作業もうちより1秒早かった」と大駅俊臣監督が悔やしがるように、この微妙な差で逆転を許すことになった。

終盤3位を走行する#13 Zの藤井は、3位キープを心がけて走行。また#47 Zの脇阪は11位でコースへ戻ると、47周目の1コーナーで8位、50周目に7位へポジションアップすると、粘り強い走りで終盤58周目に6位へ上がりゴールした。

なお今回の結果で、残念ながらドライバーズ部門でのZ勢の逆転チャンピオンの可能性は消えたが、チーム部門では#13Z逆転の可能性が残されている。


佐々木孝太
(#46「宝山DUNLOP Z」 2位)
Copyright © NISMO 
「エンジン交換したことの問題はなかったと思いますが、慎重になりました。タイヤと相談しながら安定したペースを刻んで行けたと思います。アクシデントのあたりで一気にマージンがなくなってしまったので、(自分のパートを)引っ張るだけ引っ張ろうということにしました。全力で戦って2位。朝の(フリー走行の)ことを考えると2位になれて良かったですね」
横溝直輝
(#46「宝山DUNLOP Z」 2位)
Copyright © NISMO 
「孝太さんがいい仕事をしてくれました。僕もいろいろなことをシミュレーションしていて#13 Zがすぐ後ろに来ることは考えていましたが、#62ヴィーマックが前にいるというシナリオは考えていませんでした。もちろん最後まで諦めていませんでしたし頑張りましたが、接触の後はリアタイヤのグリップが落ちて追いかけられませんでした。今日はチームが本当にいい仕事をしてくれたのでこの結果があると思います」
藤井誠暢
(#13「エンドレスアドバン洗剤革命 Z」 3位)
Copyright © NISMO 
「セッティングの方向性を思いついて話をしたら、その意見が採用されて予選からクルマが安定するようになりました。今回のうちのチームの状況の中で100%の仕事ができたと思うし、自分のペースで走れたと思います。(横溝とのバトルは)抜くチャンスはあると思いましたが接触は避けたかったし、3位は守りたかったので。今回トップ6にZが3台も入れて2台は表彰台。Zの強さを見せられて良かったと思います」
RACE RESULT

Rd. 8 SUPER GT in KYUSHU 300km [ 14:04 〜 65Laps cloudy / dry ]
Sunday,14 October, 2007 - Autopolis

Pos No Car name Driver (1st / 2nd) Time / Diff
1 62 WILLCOM ADVAN VEMAC408R 柴原 眞介
黒澤 治樹
1:56'13'041
2 46 宝山 DUNLOP Z 佐々木 孝太
横溝 直輝
-20"196
3 13 エンドレスアドバン洗剤革命 Z 影山 正美
藤井 誠暢
-23"333
4 19 ウェッズスポーツセリカ 飯田 章
関口 雄飛
-43"392
5 43 ARTA Garaiya 新田 守男
高木 真一
-1'04"032
6 47 宝山 DUNLOP Z 脇阪 薫一
密山 祥吾
-1'24"777
7 110 GREEN-TEC KUMHO BOXSTER-GT 黒澤 琢弥
光貞 秀俊
-1'29"278
8 26 ユンケルパワー タイサン ポルシェ 谷口 信輝
ドミニク・ファーンバッハー
-1'30"411
9 101 TOY STORY Racing apr MR-S 大嶋 和也
石浦 宏明
-1'31"139
10 2 プリヴェKENZOアセット・紫電 高橋 一穂
加藤 寛規
-1Lap