Report
RACE REPORT
Race Calendar Race Calendar
Round8 2007.10.13 sat - 14 sun

GT500 class 決勝

「MOTUL AUTECH Z」が4位入賞

Copyright © NISMO 
10月14日(日)に大分県日田市のオートポリス・レーシングコース(1周 : 4.674km)でSUPER GT第8戦決勝レースが行われ、予選7位からスタートしたミハエル・クルム、松田次生組の「MOTUL AUTECH Z」(#22)が4位に入賞。チームチャンピオンの可能性を残し、11月に富士スピードウェイで開催される最終戦に挑むこととなった。このレースには、24,600名の観客が押し寄せた。

周回数65周の決勝レースは、気温19度と肌寒い曇天の下、14時に開始した1周のフォーメーションラップののち一斉にスタートした。スタート前のウォームアップランで予選2位の#17 NSXがトラブルを起こして出走できなかったため、クルムがドライブする#22 Zは6位で序盤を周回。他のZ勢をうしろに3台連ねて走行したが、装着したソフトタイヤをセーブするために22周目には後続3台を先行させた。その後27周目に早めのピットイン。その後ヘアピンで多重クラッシュが発生し、ピットインする車両でピットエリアが慌ただしくなる中、松田は31周目以降8位となった。その後他車のドライブスルーペナルティやルーティンピットワークなどにより、43周目に5位に。その後、53周目に4位となるとそのポジションを維持し、65周目のチェッカーフラッグを受けた。

Copyright © NISMO 
予選12位からスタートした「XANAVI NISMO Z」(#23本山哲/リチャード・ライアン)は、スタート直後から果敢に先行車を追い上げたが、4周目に#1レクサスSC430と接触してリアタイヤにダメージを負う。そのまま緊急ピットインし、タイヤ交換してコースに戻ったが、大きく順位を落とした。序盤は淡々と周回し、他車が次々にピットインした31周目には3位に浮上。29周目に起きた多重クラッシュの事故処理のため、コースの一部区間では長い間黄旗追い越し禁止の状態が続いていたが、この黄旗区間にバックマーカーを追い越したとして、ライアンにはドライブスルーペナルティが2度提示された。その後ルーティンのピットインで本山に交代し、指示された2度目のドライブスルーを実行した後、駆動系に不具合が発生。46周目にピットインし、そのままガレージに引き入れられてレース続行を断念した。予選8位の「YellowHat YMSモバHO! TOMICA Z」(#3 セバスチャン・フィリップ/柳田真孝)は、スタートしたフィリップが8位をキープして柳田にバトンタッチ。柳田は7位にポジションを上げてレースを終えた。「WOODONE ADVAN Clarion Z」(#24 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/荒聖治)と「カルソニック インパルZ」(#12 ブノワ・トレルイエ/星野一樹)は、序盤から近い位置で競り合いを展開。しかし、2台とも中盤に発生した多重クラッシュに巻き込まれ、激しくヒットした#24はコース上に停車、マシンの前部を破損した#12はピットまで戻ったものの、そのままリタイヤとなった。


ニスモ飯嶋嘉隆監督
「大変なレースでした。23号車はパフォーマンスでは先行車に引けを取らなかったので、スタート直後は切れの良い走りを見せられました。本山に交代する前に駆動系に不具合の症状が少し見られたのですが、交代してそれが顕著となり、ペースが上げられなくなったので、ピットインさせ走行を中止するように指示しました。序盤の緊急ピットインのあとも非常に良いペースで走れていたので、残念です。22号車はタイヤが厳しいレースでしたが、クルムも松田もよく踏ん張ってくれました。まだ選手権にはチャンスが残されているので、最終戦には全力で向かいチャンピオン獲得を目指します。肌寒い中、最後まで応援していただいたファンの皆様、本当にありがとうございました」
Copyright © NISMO 
#22 松田次生
「ソフトタイヤでスタートしたマイケル(クルム)さんも辛かったと思います。早めに交代したので僕はレースに強いタイヤを履いていったのですが、後半はグリップがなくなってしまったので、コースに残っているのが大変でした。#8 NSXには負けてしまい、ドライバーチャンピオンは逃しましたが、まだチームチャンピオンの可能性があるので、富士では優勝を狙います」
Copyright © NISMO 
RACE RESULT

Rd. 8 SUPER GT in KYUSHU 300km [ 14:04 〜 65Laps cloudy / dry ]
Sunday,14 October, 2007 - Autopolis

PosNoCar nameDriver (1st / 2nd)Time / Diff
1 8 ARTA NSX 伊藤 大輔
ラルフ・ファーマン
1:55'57"024
2 100 RAYBRIG NSX ドミニク・シュワガー
細川 慎弥
-10"145
3 39 デンソー サード SC430 アンドレ・クート
平中 克幸
-19"887
4 22 MOTUL AUTECH Z ミハエル・クルム
松田 次生
-37"125
5 18 TAKATA 童夢 NSX 道上 龍
小暮 卓史
-37"407
6 1 宝山 TOM'S SC430 脇阪 寿一
アンドレ・ロッテラー
-43"050
7 3 YellowHat YMS モバHO! TOMICA Z セバスチャン・フィリップ
柳田 真孝
-43"709
8 6 Forum Eng. SC430 片岡 龍也
ビヨン・ビルドハイム
+1'06"252
9 32 EPSON NSX ロイック・デュバル
ファビオ・カルボーン
-1'22"753
10 25 ECLIPSE ADVAN SC430 土屋 武士
織戸 学
-1Lap
12 23 XANAVI NISMO Z 本山 哲
リチャード・ライアン
-19Laps
R 12 カルソニック インパル Z ブノワ・トレルイエ
星野 一樹
-35Laps
R 24 WOODONE ADVAN Clarion Z ジョアオ・パオロ・デ・ オリベイラ
荒 聖治
-36Laps