NISSAN MOTORSPORTS

2014.02.14

2014年モータースポーツ活動計画を発表

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:カルロス・ゴーン 以下、日産)、及び、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社(本社:神奈川県横浜市鶴見区 社長:宮谷正一 以下、ニスモ)は14日、2014年のモータースポーツ活動概要を発表しました。

  • 世界最速の電力駆動レーシングカー「NISSAN ZEOD RC」でル・マン24時間レースに出場
  • 新しい車両規則で開催される2014 SUPER GT GT500クラスへ新型車両「NISSAN GT-R NISMO GT500」で参戦
  • 「NISSAN GT-R NISMO GT3」でグローバルなレース活動をサポート
  • ニスモアスリートのプログラムをさらに拡大 

1.ル・マン24時間レース / NISSAN ZEOD RC

日産・ニスモは、世界最速の電力駆動レーシングカー「NISSAN ZEOD RC」 で、2014年のル・マン24時間レースに「ガレージ56」枠から出場します。「NISSAN ZEOD RC」は、電力のみでル・マンのサーキットを1周する初めてのレーシングカーとなります。1スティントの1周を電力のみで走行し、その後はわずか重量40kgでありながら、400馬力を発生するDIG-T R 1.5リッター3気筒ターボエンジンで走行します。

今回、世界各地の日産拠点で現在開発を進めているこの車両をル・マン24時間レースでドライブするのは、ルーカス・オルドネスです(チームメイトは後日発表)。「NISSAN ZEOD RC」は、日産が2015年のFIA世界耐久選手権LMP1クラスへの参戦を検討するための取り組みの一つです。

2.SUPER GT GT500クラス
●GT500クラス車両
SUPER GTのGT500クラスは、2014年からドイツツーリングカー選手権(DTM)とエンジン以外の車両規則が共通化されます。この車両規則変更を受け、日産・ニスモは、2014年のシリーズに、シャシー、エンジンともにニスモが新規開発した車両で臨みます。現在開発を行っている車両は、ベース車両である「NISSAN GT-R」の特徴的なデザインを取り入れながら、速さと信頼性を高い次元で両立できることを目指して設計・開発を行っています。
<主な開発ポイント>
シャシーフロントマスクのデザインを「NISSAN GT-R NISMO」と共通化するとともに、冷熱性能やブレーキ効率も向上させました。耐久レースであるSUPER GTは、途中ドライバー交代があるため、ペダル位置を調整式とし、高温多湿となる夏場のレースに向けてエアコンを装備するなど、SUPER GT用の仕様も盛り込んでいます。さらにSUPER GTはタイヤがマルチメイクとなるため、各タイヤメーカーとタイヤと車両の相互開発も行っています。
空力2014年仕様の「NISSAN GT-R NISMO GT500」は、新車両規則下での空力開発に精力的に取り組み、空力性能を大幅に向上させました。車体下部のラテラルダクトやリアフェンダーの処理は、先行するDTM車両にはない独特のデザインを採用しています。
エンジン新車両規則の下、エンジンは、小排気量の2リッター直列4気筒直噴エンジンにターボチャージャーを搭載します。出力制限は空気ではなく燃料流量によって規制(100s/h)されるため、限られた燃料でどれだけ出力を出せるかが新車両規則下におけるエンジン開発のキーポイントになります。結果、これまでのSUPER GTで得た技術と日産の直噴ターボ技術を組み合わせることで、高出力と信頼性、すぐれた燃費性能を同時に実現しました。現在も、高い競争力を発揮する新型エンジン「NR20A」の開発を続けています。
●GT500クラスチーム体制
2014年も引き続き、NISMO、TEAM IMPUL、KONDO RACING、MOLAの4チームで参戦、合計4台の「NISSAN GT-R NISMO GT500」で同シリーズGT500クラスに出場します。また、NDDPで育成した佐々木大樹をステップアップさせるなど、新規則で行われるSUPER GTに向けてドライバーの組み合わせを変更しました(NDDP:Nissan Driver Development Program)。 日産系チームの総監督は、引き続き柿元邦彦が務めます。
No. チーム 監督 ドライバー 車両名
タイヤメーカー
23 NISMO 鈴木 豊 松田 次生 MOTUL AUTECH GT-R
ロニー・クインタレッリ(イタリア) ミシュラン
12 TEAM IMPUL 星野 一義 安田 裕信 カルソニックIMPUL GT-R
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(ブラジル) ブリヂストン
24 KONDO RACING 近藤 真彦 ミハエル・クルム(ドイツ) D'station ADVAN GT-R
佐々木 大樹 ヨコハマ
46 MOLA 大駅 俊臣 本山 哲 S Road MOLA GT-R
柳田 真孝 ミシュラン
3.カスタマープログラム
日産車や日産エンジンでレース活動を行うカスタマーチームを2014年も支援していきます。
●「NISSAN GT-R NISMO GT3」の車両供給及び技術支援
2013年仕様の「NISSAN GT-R NISMO GT3」の速さは既に証明されていますが、2014年モデルではさらに信頼性向上、ピットワークの作業性及び安全性向上、ランニングコスト削減を目的としたエンジンのロングライフ化を図っています。
- SUPER GT GT300クラス
「NISSAN GT-R NISMO GT3」でSUPER GT GT300クラスに参戦するカスタマーチームに、引き続き車両供給及び技術支援を行います。また、今年もNDDP RACINGがエントリーし、長谷見昌弘監督のもと、星野一樹と、今年は新たにGTアカデミー初代勝者であるルーカス・オルドネスが参戦します。
No. チーム 監督 ドライバー 車両名
タイヤメーカー
3 NDDP RACING with B-MAX 長谷見 昌弘 星野 一樹 B-MAX NDDP GT-R
ルーカス・オルドネス(スペイン) ヨコハマ
- ブランパン耐久シリーズ
欧州地域のGT3プログラムパートナーであるJRMとともに、ブランパン耐久シリーズに出場する「NISSAN GT-R NISMO GT3」のユーザーに、引き続き車両供給及び技術支援を行います。また、ブランパン耐久シリーズには、GT Academy Team RJNから2台の「NISSAN GT-R NISMO GT3」がエントリーします。
チーム 監督 ドライバー 車両名
タイヤメーカー
GT Academy Team RJN ボブ・ネビル ミゲール・ファイスカ(ポルトガル)
フローリアン・シュトラウス(ドイツ)
スタ二スラフ・アクセノフ(ロシア)
NISSAN GT-R NISMO GT3
千代 勝正
ニック・マクミレン(アメリカ)
ピレリ
- ニュル24時間レース
ニスモとブランパン耐久シリーズに参戦するRJNとのジョイントチームで、ニュルブルクリンク24時間レースに2台の「NISSAN GT-R NISMO GT3」で出場します。今回の参戦は、「NISSAN GT-R」のロードカーや、最近では「NISSAN GT-R NISMO」の開発をニュルブルクリンクサーキットで行ったことを考えるとごく自然のことです。日産とニスモがロードカーとレースカーの技術を相互活用している好例です。ドライバーラインアップ等の詳細は後日発表します。
- スーパー耐久シリーズ(GT3クラス)
昨年に引き続き、「NISSAN GT-R NISMO GT3」でスーパー耐久シリーズのGT3クラスに参戦するカスタマーチームに技術支援を行います。またGT3クラスでは、2014年も引き続きKONDO RACINGと日産自動車大学校のコラボレーションチーム、「スリーボンド日産自動車大学校GT−R」プロジェクトで参戦します。これは、授業の一環としてレース活動に参画するという、教育とモータースポーツを結びつけた活動の一環です。
クラス No. チーム 監督 ドライバー 車両名
GT3 24 KONDO RACING 近藤 真彦 藤井 誠暢 スリーボンド
日産自動車大学校GT-R
GAMISAN
佐々木 大樹 又は 高星 明誠

●LMP2クラスエンジン供給及び技術支援
FIA 世界耐久選手権(WEC)やル・マン24時間レースをはじめとするLMP2クラスに参戦するチームに対し、VK45DEエンジンを引き続き供給し、技術支援を行います。アメリカでは、新たにマッスルミルク・ピケットレーシングが日産・ニスモのパートナーチームとして、ユナイテッドスポーツカー選手権のプロトタイプクラスに出場します。
LMP2仕様 NISSAN VK45DEエンジン搭載車 出場シリーズ
FIA世界耐久選手権(WEC)ル・マン24時間レースを含む
ユナイテッドスポーツカー選手権
ヨーロピアンル・マンシリーズ
アジアンル・マンシリーズ

●スーパー耐久シリーズ (ST3クラス)
昨年に引き続き、「フェアレディZ NISMO RC」でスーパー耐久シリーズのST3クラスに参戦するカスタマーチームに技術支援を行います。
4.オーストラリアV8スーパーカーズ
昨年、参戦初年度ながら第25戦で1-2フィニッシュを飾った豪州日産は、オーストラリアのトップレーシングカテゴリーであるV8スーパーカーズに引き続き「アルティマ」で参戦します。ニスモは、エンジン開発や空力解析の技術支援を行います。
●参戦ドライバー及び車両
ドライバー 車両名
トッド・ケリー(オーストラリア) Nissan Altima
リック・ケリー (オーストラリア) Nissan Altima
マイケル・カルソ(オーストラリア) Nissan Altima
ジェームス・モファット(オーストラリア) Nissan Altima
5.ニスモアスリートの活動
日産・ニスモは、引き続き、若手ドライバーの育成に注力していきます。昨年開始したニスモグローバルドライバーエクスチェンジは、世界各地で戦う日産のドライバー、ニスモアスリートたちに、グローバルに経験を積ませることでその才能をさらに高め、同時にドライバーたちのチャンスをさらに広げることを目的とした活動です。今年は、このプログラムを拡大し、2名のドライバーをフルシーズン“エクスチェンジ”します。日産GTアカデミー初代卒業生であるルーカス・オルドネスがSUPER GT GT300クラスに、千代勝正がブランパン耐久シリーズにフル参戦します。また、アメリカのユナイテッドスポーツカー選手権にもニスモアスリートが参加します。
●ニスモグローバルドライバーエクスチェンジプログラム
シリーズ チーム ドライバー 車両名
監督 タイヤメーカー
SUPER GT GT300 NDDP RACING with B-MAX ルーカス・オルドネス
(スペイン)
NISSAN GT-R NISMO GT3
長谷見 昌弘 ヨコハマ
ブランパン耐久
シリーズ
GT Academy Team RJN 千代 勝正 NISSAN GT-R NISMO GT3
ボブ・ネビル ピレリ
セブリング12Hレース
プチ ル・マン
マッスルミルク・ピケットレーシング TBA マッスルミルクORECA 03
グレッグ・ピケット コンチネンタル
そのほか、NDDPアドバンス・スカラシップ生として佐々木大樹と高星明誠が、全日本F3選手権(チャンピオンクラス)に参戦します。
●全日本F3選手権チーム体制
クラス No. チーム 監督 ドライバー 車両名
C 23 B-MAX Racing Team with NDDP 長谷見 昌弘 佐々木 大樹 B-MAX NDDP F312
C 22 高星 明誠 B-MAX NDDP F312
ダレン・コックス 日産グローバルモータースポーツダイレクターのコメント
「日産・ニスモのレース活動は、ますますグローバル化が進んでいます。昨年は、オーストラリアV8スーパーカーズに参戦を果たしました。そして2014年は北米まで活動を広げ、ユナイテッドスポーツカー選手権に参戦します。また、日米欧、オーストラリアでの活動に加え、ロシアやインドといった新興国においてもGTアカデミーを開催し、我々は世界中に日産・ニスモブランドを発信し続けています。また、ニスモグローバルドライバーエクスチェンジは2014年も引き続き拡大します。日産・プレイステーションGTアカデミーの初代勝者であるルーカス・オルドネスは、グランツーリスモの母国である日本のSUPER GTにフル参戦しますし、千代勝正は、特に激しいレース展開が繰り広げられている欧州ブランパン耐久シリーズに昨年のチャンピオンチームから参戦します。彼らの活躍が楽しみです」
宮谷正一 ニスモ取締役社長コメント
「今年創立30周年を迎えるニスモは、日産の“今までなかったワクワクを”を体現するパフォーマンスブランドであり、このブランドの信頼性をさらに上げていくためにも我々はレースで勝利していかねばなりません。新生SUPER GTでは必ずやシリーズチャンピオンを奪還し、ファンの皆さんの期待に応えたいと思っております。また、グローバルな舞台においてもLMP2、GT3、グローバルドライバーエクスチェンジを活用した活動を広げて、日産・ニスモの存在をこれまで以上にアピールしていきたいと考えています」

2月23日(日)、日産グローバル本社ギャラリーにてSUPER GTの監督、ドライバーが参加するイベントを実施します。
また、新カラーリングの#23 MOTUL AUTECH GT-Rや#3 B-MAX NDDP GT-Rも初お披露目します。詳細はこちらをご覧ください。http://www.nissan.co.jp/GALLERY/HQ/

 

ページトップ